社会福祉法人 清和園は高齢者福祉・児童福祉に関わる「9施設16の事業」で地域包括ケアシステムを推進します。

社会福祉法人 清和園は高齢者福祉・児童福祉に関わる「9施設16の事業」で地域包括ケアシステムを推進します。

家(在宅)で受ける施設(特養)介護

在宅介護の「これまで」と「これから」

現在、介護を必要とされている方は、ある一定の状況を迎えるとご自宅での生活が困難になることがあります。その場合、これまでは老人ホームなどの「施設に入所する」という方法しかありませんでした。ですが、現在私たちが行なっている多様な在宅介護サービスに「訪問看護サービス」を加えることで、もう一つ選択肢が増えるのでは?と考えました。
例えば、訪問介護やデイサービス、配食サービスとの組み合わせにより、ご自宅でも「施設と同様」の介護体制を整えることができます。
手厚い介護が必要となっても、施設ではなく、住み慣れた家で長く暮らすことが可能となるのです。

●施設では、介護職員と看護師が連携し24時間、利用者様の生活を見守りながら誘導し生活リズムを保っていただきます。随時必要に応じ、介護、医療に関わらず必要なケアを行う。この状況を利用者さまの家で作ることが「在宅特養サービス」の形です。

●デイサービスの準備、送り出しは定期巡回。運動と入浴はデイサービスで。

●配食サービス「くぜごはん」は、昼食と夕食がございます。
夕食には翌朝用の軽食が付きます。

●健康状態の管理は、定期巡回訪問看護で。食後の服薬の確認、緊急時に随時対応ができる体制も「在宅特養」には不可欠です。

私たちが考える「在宅特養」とは…

これまでは、施設でしか生活できないと判断されていた方も、住み慣れた家(在宅)での生活に、“特別養護老人ホームと同様のサービス” という『安心』を加え、在宅生活を維持・継続するという新たなサービスの在り方です。

こんな方におすすめいたします

・離れて暮らしている親の独居生活に無理がでてきた
・施設に入るのは嫌
・可能な限り住み慣れた家で暮らしたい
・介護が必要になっても自分なりに元気に暮らしたい
・24時間、必要なサービスを受けたい

国が進める「地域包括ケアの構築」を「在宅特養」という形で推進

久世ホームのサービスエリアである京都市南区の久世地域限定ではございますが「在宅特養サービス」は、私たちが「施設介護」と「在宅介護」の両サービスを行なってきたからこそできる新しい提案です。

「在宅特養」についてのお問合せは…

清和園の相談窓口へ

 

在宅特養サービスのイメージ

2019年度 在宅特養サービスイメージ図 2019年 4月 現在

久世ホーム沿革

平成10年 6月

………

京都市久世特別養護老人ホーム  開設
特別養護老人ホーム(50名)
ショートステイ(定員4名)
京都市久世⽼⼈デイサービスセンターE 型
 《認知症⽼⼈向け毎⽇通所型》(定員8 名)
在宅介護支援センターの事業開始

平成12年 4月

………

居宅介護支援事業所 事業開始
⼀般型デイサービス(定員15 名)事業開始
介護保険制度の開始により、
デイサービスE 型を認知症専⽤併設型に事業名称変更、
同時に定員8 名→10 名に拡⼤

平成12年 7月

………

一般型デイサービスの定員15名→20名に拡大

平成18年 4月

………

京都市久世地域包括支援センター 事業開始
介護保険制度の改定により、
認知症専⽤併設型を認知症対応型デイサービスに事業名称変更、
同時に⼟曜⽇営業を開始

平成21年 4月

………

一般型デイサービスの土曜日営業を開始

平成22年 4月

………

認知症対応型デイサービスの定員を10 名→12 名に拡大

平成23年 5月

………

一般型デイサービスの定員20 名→35 名に拡大

平成24年 1月

………

デイサービス実施地域を拡大

平成24年 4月

………

配食サービス「くぜごはん」の事業開始

平成24年 4月

………

一般型・認知症対応型デイサービスの日曜日営業を開始

平成25年 5月

………

一般型デイサービスの個別機能訓練を開始

平成25年12月

………

一般型デイサービスの定員35 名→44 名に拡大

平成26年 3月

………

特養・ショートステイの個別機能訓練を開始

平成26年 7月

………

在宅入所相互利用サービスを開始

平成26年 8月

………

一般型デイサービスの定員44 名→50 名に拡大

平成27年 2月

………

出張型地域包括支援センター「おたっしゃ広場」を開始

平成28年 3月

………

久世訪問介護事業所
夜間対応型久世訪問介護事業所
24 時間定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所
の3 事業を同時に開始

平成29年 4月

………

夜型デイサービス(ナイトデイ)の事業開始
新総合事業として、短期集中運動型デイサービス、短時間型(半日)デイサービスの事業開始

平成30年 1月

………

京都市久世特別養護老人ホームにおいてISO9001 を認証取得

平成30年 4月

………

久世ホーム別館の完成に伴い久世ホーム訪問介護事業所を別館に移設、 久世ホーム居宅介護支援事業所(特定事業加算I)を別館に新設

平成30年11月

………

ISO9001 の認証取得を通所介護・居宅介護支援・訪問介護まで拡大

令和元年 5月

………

久世ホーム訪問看護ステーションの事業開始

令和元年 5月

………

久世ホーム訪問看護ステーションの事業開始に伴い、住み慣れた家で施設のサービスを受けることができる「在宅特養サービス」の提案開始

 

清和園の相談窓口へ

 

在宅特養に関わる介護サービス


清和園の在宅特養

久世ホーム
〒601-8203 京都市南区久世築山町328
TEL 075-933-5772